SNS

今回はこのギターです

2018年07月17日

改めてアコースティックギターの魅力を感じているこの頃です。

このギターについてはまた改めて詳しく記事を書こうと思ってます。

初日終えました

2018年07月16日

本日の演奏終了です。

滑り出しとしては良い演奏になったと思います。アコースティックギターでの演奏ですが、意外と7弦ギターの時の自分の感じで演奏しています。楽器は勿論大切ですが、結局はその人自身がどういった音を出したいかで音色は変わります。

フェリーに乗ると17歳でも無いのにお風呂上がりにいつも食べてます。

今日からフェリー初日

2018年07月16日

今年もフェリー船上演奏が本日から始まります。

今年は趣向を変えて、6弦のアコースティックギターで演奏致します。

7弦ギターとは違う私の演奏を楽しんで頂ければ幸いです。

本物のヴィンテージ

2018年05月31日

こんばんは。

今日も朝から晩まで動きまくりました。

先ずは午前中に美術館に行き、その後どちらかと言うと今は蕎麦派なのですが東京に行くと食べたくなる『つるとんたん』でうどんを食べ、その後昨日は行けなかった楽器店に行き、お目当てのD-28を4本、OM-42を2本弾かせて頂きました。更にインテリアショップ、好きな服のお店ともうクタクタです。

ここは本当に美味しい。

いつも明太子卵とじ餡掛けうどんを注文します。3玉まで無料追加可能ですが僕は2玉で限界です。

楽器店では本物のヴィンテージを弾かせて頂きましたが、これが本当に素晴らしかったです。1954年製のD-28は枯れた音で、音の立ち上がりが本当に早く、鮮やかでコシがあり、音抜けが凄かったです。130万円程でしたので完全に予算オーバーでしたので断念しましたが予算が許せば購入したいぐらいでした。これ程の物にはなかなか出会えないと思います。その他、現実的に購入可能な70年代の物を2本弾き比べてましたがその内の一本が好みの音でした。ですが本物の後に弾くとそれでもまだまだ若い音だなと思ってしまいます。1954年製という事は64年前のギターです。なかなか良いなと思った1978年製の物でもそうそう敵いませんね。

画像は1978年製の方です。1954年製の方は音に驚き過ぎて写真を撮るのを忘れました。演奏時のスレなどかなり弾きこまれた跡があり、かなり風格のあるボディだったので写真に撮っておけばと少し後悔しております。

素晴らしいインテリア類を堪能した後はこちらへ。

普通に街ではなかなか着れませんが美しい。

明日はまだ行けてない最後の楽器店に向かいます。こちらで試奏して最終の判断をするつもりです。大体纏まってきているのですが、明日何が起こるか分かりません。楽しみです。

それでは明日も頑張ります。

このページの先頭へ