SNS

最高な世界

2018年08月14日

私は学生時代洋楽のロックやフュージョン、ジャズ等をよく聴いておりましたが、それと同時にTHE  YELLOW MONKEYの音楽も学校でバンドを組みよく演奏しておりました。

洋楽ロックは英語の意味も分からず、音として楽しんでいたと思いますが、今思えばTHE YELLOW MONKEYの楽曲は特に詩に感銘を受けていたと思います。

ボーカルの吉井和哉さんの詩は特に思春期の男性の心情をよく描写していると思います。

 

『pearl』の一節

宇宙で最も暗い夜明け前
パールをこぼしにハイウェイに飛び乗る
何だか不安なんだひどく淋しいんだ
闇は孤独を包む貝殻さ

 

何故だか分からないが闇に包まれる感覚、刹那的に生きてしまうのは思春期の男性特有のものではないでしょうか。

THE YELLOW MONKEYが活動休止前に最後にリリースしたシングル『BRILLIANT WORLD』は人が輝く、美しい瞬間、素晴らしい時間は時を超越する事を歌っていると思います。

 

最高な世界へ 最高な世界へ
何十年? 何百年? 何千年? 何万年?
何億年? 何光年? 何秒間? 何秒間?
分かんないだけど君と
I WILL GO BRILLIANT WORLD

 

何光年も何秒間も本当は大差が無いものです。膨大な時間はもしかしたらその瞬間の為にあり、それは唯一のあなただけのものです。誰もが輝く為に自分を燃やし尽くすのです。

最高な世界、本当の幸せはここにあるのでは無いでしょうか。

 

 

この度も

2018年07月23日

この度のフェリー演奏も無事計8回の演奏が終わりました。

色々な出会いがありました。

素晴らしい出会いに感謝致します。

 

8日間過ごしたこの部屋ともお別れです。

ありがとう。

船の先頭

2018年07月22日

気持ちが良い♪

今新潟に向かってます。

その後、敦賀。

今回も終わりが近付いて来ました。

ありがとう。

いよいよ

2018年07月21日

7月の船上コンサートも明日で最後となりました。明日は本番が2回ある1番大変な日ですが、ゆっくり出来る最後の夜なので飲みます。

自分と向き合いながらゆっくりと飲むのがフェリー終盤のお決まりになって来ました。

新潟

2018年07月20日

今年の新潟での過ごし方は自分だけでゆっくりとと考えておりましたので、新潟の友人には連絡せずに1人でブラブラと徘徊しました。

時間ギリギリでしたが新潟市美術館に行き、阿部展也さんの作品を堪能して来ました。

食事は昨年の新潟下船時も行ったラーメン屋の三吉屋に。

もやしラーメン。見た目が素朴なのでインパクトは無いのですが何年も何年もその道を極めようとしないと出せない味だと思います。見た目の派手さよりやはり本質だなと改めて感じます。お酒を飲んで食べたわけではないのですが、お酒に酔った時に最後に〆で食べると最高といったようなラーメンです。

今回の船上演奏も後半になって来ました。今回の演奏でも自分の中で気付きがあり本当に有意義な仕事になっております。

最後まで心を込めて全うしたいと思います。

このページの先頭へ